So-net無料ブログ作成

正弦波DC-ACコンバータ(インバーター) (計画停電対策電源) [雑記]

矩形波型のコンバータで失敗したので、正弦波型のDC-ACコンバータを入手しました。
150Wタイプ。今度はこれで扇風機を動かしてみました。とりあえず1時間は問題なく動作
しました(扇風機は熱くなりませんでした)。
休みに長時間動作の試験をやってみようと思っています。

DSC00400.jpg

DROW社(台湾)製。G-12-150SA ¥13650で購入。
信頼性は?ですが、長時間使うことはないのでOKということで。。。

使っているバッテリーは、Honda FITで約3年使った38B19(28Ah)です。

矩形波DC-ACコンバータでの失敗(計画停電対策電源の実験) [雑記]

実験されている方も多いと思いますが、私も計画停電対策の電源の実験をしています。
ベランダに(古い)車用のバッテリー(12V)を置いて、車用のDC-ACコンバータで停電時
にAC100Vが使えるようにしています。
(停電していないときに定電圧電源でゆっくり充電)

DSC00397.jpg

バッテリーの劣化度やコンバータの効率などを考慮しても 150Whくらいのエネルギーは
ありそうで、20Wの蛍光灯なら7~8時間くらい点灯できそうです。(3時間は停電時に実験済)

DSC00399.jpg

夜の停電用の明かりは確保できたので、今度は夏に向けて扇風機が使えるか試してみ
ました。家にある扇風機の消費電力は約50Wなので、3時間くらいは動くかな?とやって
みました。すると1時間くらいで扇風機が止まってしまいました。バッテリーの電圧はまだ
問題なさそうなでの、扇風機を調べてみると。。台の部分がかなり熱くなっていました。
普通のコンセント(AC100V)に差しても動作しません。扇風機を壊してしまったようです。

中を見てみると、フィルムコンデンサの端子が溶けて外れていました。また、隣の抵抗も
焦げています。

DSC00392.jpg

矩形波タイプのDC-ACコンバーターは、機器を壊す場合があるとは聞いていましたが。。。
1時間動作後に壊れるとは。。。実験する場合は、機器の状態を十分にチェックする必要が
ありそうです。
焦げた抵抗は、まだ焼き切れていないようだったので、コンデンサだけ交換したところ扇風機
は復活しました。

DSC00395.jpg

正弦波型のDC-ACコンバータを入手してもう一度実験する予定です。矩形波型は2000円~で
買えますが、正弦波型は20000円~くらいするようです。
--- つづく




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。