So-net無料ブログ作成

10月12日 移動用?設備の試験

430MHzは3エレ、144MHzは秋月ホイップで、午前中にQRV。
DO-64はわずかにCWビーコンが聞こえただけだった。
VO-52では、JA0MTとCWでQSO。

FO-29は仰角が高いので、SSBでの可能性をチェックしました。
前半、CWでJM1LRA,JH7PKU/0 とQSO。慌ててQSOしたので、お馴染みさんなのに
コールを間違えたりしてスイマセンでした。hi.

仰角が45度くらいに上がってきたところで、SSBで声をだすと、了解度5で自分の声が
聞こえる。衛星までの距離が1500km以下になれば、この設備でもSSBでQSO可能
のようです。

使った設備は、
FT-817(受信)IC-7000(送信/30~50W)
430MHz 3エレ、(受信時には)直下型プリアンプ (写真)
(Radix 6エレの後ろ半分)
144MHz 秋月ホイップ↓
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q="P-00229"
(↑うまくリンクが表示されない場合は、コピぺして見てください)

秋月ホイップのマグネット基台とホイップの結合部は、ネジになっています。
同軸構造ではありません。

3ele.jpg

10月9日 (ほんとに)久しぶりにFO-29 [交信記録]

久しぶりに衛星に出ました。FO-29。
ベランダに写真のアンテナを仮止め(ビニールテープで hi)して、QRV。
CWで5局とQSOできました。

Downlinkは、3エレ+直下型プリアンプ(電源は006P)
Uplinkは、秋月電子で買った¥1650のモービルホイップ
(マグネットマウント、エレメント、ケーブルまで付いてて安い)
送信出力は、30W位

DSC00209.jpg

来週、W6に出張予定で、このアンテナ一式とRIGを持って行こうと思っています。
この設備でQSOできるかのチェックがてらのQRVでした。
泊るホテルがどんな所か分かりませんが、アンテナが出せれば楽しめそうです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。